ストレスと肌荒れ・ニキビの強い関係性

ストレスと肌荒れニキビというのは強い関係性があります。
例えば仕事、緊張、疲労、睡眠不足、人間関係など私たちはストレスの多い社会で過ごしていますが、
人間ストレスを抱えてしまうとホルモンバランスというのが崩れやすくなります。
ホルモンバランスを崩してしまうとお肌にはいい影響を与えているとは言えません。
ホルモンバランスの崩れはお肌の水分油分のバランスを乱してしまうからです。
肌の水分油分のバランスが悪くなると乾燥をもたらします。
肌の乾燥は皮脂の過剰分泌を招き、毛穴のつまりへと導きます。
毛穴が詰まるとニキビが出来やすくなるわけですが、いわゆる思春期が終わった大人の女性がなる大人ニキビというのは
こういった流れでできる場合が多いわけです。つまり大人ニキビや肌荒れというのはストレスが強く影響しているということ。
おでこ周辺でなく、フェイスラインや顔周り、頬、口もとを中心に肌荒れ・ニキビができるというのは、毛穴が小さいという特徴があるからです。
最近肌荒れが気になるな。。という方はストレスを疑ってみてはどうでしょうか。
そして乾燥を予防したり、食事や生活習慣でストレスを緩和できるように努力してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA